めまい

こんな症状はありませんか?

  • 天井やまわりがぐるぐる回る
  • 体がふらつく
  • 立ちくらみがする
  • まっすぐ歩けない
  • からだが宙に浮いたような感じがする

など

慢性的なめまいはありませんか?「たかがめまい」と考えていると、その裏に思わぬ病気が隠れていて、命にかかわる重大な事態を招くことも。
めまいには、「耳からくるめまい(末梢性めまい)」と「脳からくるめまい(中枢性めまい)」があります。このうち、脳からくるめまいの場合、脳出血や脳梗塞の初期症状として現れることもありますので、症状をお感じの方は、できるだけお早めに京都市中京区のしみず脳神経外科クリニックまでご相談ください。

めまいとは

めまいの種類

めまいと一口に言っても、その種類は様々です。大きく分けて、天井やまわりがぐるぐる回る「回転性めまい」と、体がふわついたり、まっすぐ歩けなかったりするなどの「浮動性めまい」があります。
めまいが起こる原因の違いによって、現れてくる症状が異なります。

回転性めまい
  • 天井や周囲がぐるぐる回る
  • 頭を動かすとめまいがする
  • 耳鳴りがする
  • 聞こえが悪い
  • 耳が詰まった感じがする

など

浮動性めまい
  • 体がふらつく
  • ふわふわ浮いた感じがする
  • 体が揺れている感じがする
  • まっすぐ歩けない・立てない
  • 舌がもつれる

など

想定される病気・疾患

めまいの原因

めまいは大きく分けて、内耳の三半規管や耳石器などの部分で異常が生じて起こる、「耳からからくるめまい(末梢性めまい)」と、内耳の神経をコントロールする脳に異常が生じて起こる、「脳からくるめまい(中枢性めまい)」があります。
耳からくるめまいの代表疾患として、メニエール病や良性発作性頭位めまい症、突発性難聴、前庭神経炎などがあり、「天井やまわりがぐるぐる回る」などの回転性の症状が現れます。脳からくるめまいの代表疾患として、脳出血、脳梗塞、脳腫瘍などがあり、「体がふらつく」「まっすぐ歩けない」などの浮動性の症状が現れます。
これらのめまいの原因のうち、特に注意が必要なのが、脳出血や脳梗塞などの脳卒中から起こるめまいです。軽度のめまいであったとしても、脳卒中が原因で起こっている場合があります。
「たかがめまい」とお考えにならずに、気になる症状がありましたら、できるだけお早めにご相談ください。耳からくるめまいであっても、当院で治療することができます。お気軽にご相談ください。

耳からくるめまい(末梢性めまい)の特徴

主な原因 内耳の障害
主な症状
  • 強いめまいが生じる
  • 天井や周囲がぐるぐる回る
  • 頭を動かすとめまいがする

など

代表疾患
  • メニエール病
  • 良性発作性頭位めまい症
  • 突発性難聴
  • 前庭神経炎

など

脳からくるめまい(中枢性めまい)の特徴

主な原因 脳幹・小脳の障害
主な症状
  • 体がふらつく
  • ふわふわと浮いた感じ
  • 立てない・歩けない
  • 舌がもつれる

など

代表疾患
  • 脳出血
  • 脳梗塞
  • 脳腫瘍
  • 脊髄小脳変性症
  • 舌がもつれる

など

検査を受けるメリット

脳梗塞や脳腫瘍などの病気が隠れている場合も

めまいは大きく分けて、耳からくるものと、脳からくるものがありますが、脳からくるめまいの場合、脳梗塞や脳腫瘍などの病気が隠れている場合があります。京都市中京区のしみず脳神経外科クリニックでは、MRI検査などを行って、めまいの原因を適切に診断し、早期発見・早期治療に努めます。

また、首と脳を繋ぐ血管の流れが悪くなる(椎骨脳底動脈循環不全)ことで生じるめまいもあり、これは動脈硬化が原因で起こる場合があるため、放置していると脳出血や脳梗塞などの脳卒中を引き起こす恐れがあります。そのほか、頸椎の変形が原因で起こるケースもあります。

治療方法

適切に診断して最適な治療を行います

当院では、MRI検査などを実施して、まずは脳卒中や脳腫瘍などの命にかかわる疾患が原因であるかどうかを確認したうえで、個々の原因を明らかにし、適切な治療を行わせていただきます。

そして原因を特定した後は、患者様それぞれの症状に応じた治療計画を立案します。めまいには、脳からくるめまいと、耳からくるめまいがありますが、耳からくるめまいであっても、当院で治療することができます。お気軽にご相談ください。

「頭痛」「しびれ」「ふらつき」「めまい」「もの忘れ」などの症状で、不安に思うことがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。