頭痛

こんな症状はありませんか?

  • 頻繁に頭痛が起こる
  • 頭を締めつけられるような痛みがある
  • ガンガンと頭が痛む
  • こめかみがズキズキと痛む
  • 頭痛が起こる前に、目の前にチカチカした
    フラッシュのような光や、ギザギザした光が現れる
  • 頭痛が起こる前に、視界の一部が見えにくくなる
  • 目の奥が激しく痛み
  • 頭痛がつらくて、じっとしていられない
  • 毎日、ほとんど同じ時間に痛みが発生する

など

頭痛は、多くの方が経験したことのある「ありふれた症状」ですが、「たかが頭痛」と思ってそのままにしておくのは禁物です。
脳神経外科を診療科目に掲げる、京都市中京区のしみず脳神経外科クリニックでは、命を脅かす危険な頭痛の診断・治療にもしっかりと対応することができます。MRI検査などを実施して、まずは脳卒中や脳腫瘍など、命にかかわる疾患が原因であるかどうかを確認したうえで、適切な治療を行います。

頭痛とは

頭痛の種類

頭痛の多くは、「緊張型頭痛」や「片頭痛」などの命にかかわるものではありません。しかし、中にはくも膜下出血や脳腫瘍といった、命にかかわる重篤な病気が隠れている場合があります。
頭痛には、偏頭痛などの一次性頭痛のほか、くも膜下出血や脳腫瘍などが原因で起こる二次性頭痛があり、重篤な病気が原因で起こっている場合もあります。症状をお感じの方は、できるだけお早めに当院までご相談ください。

一次性頭痛
  • 片頭痛
  • 緊張型頭痛
  • 三叉神経・自律神経性頭痛(TACs)
  • その他の一次性頭痛

など

二次性頭痛
  • 頭頸部外傷
  • 頭頸部血管障害
  • 非血管性頭蓋内疾患
  • 薬物乱用頭痛など
  • 感染
  • ホメオスターシスの障害
  • 耳鼻科、眼科、歯科、頭頸部疾患
  • 精神疾患

など

慢性頭痛の症状・原因

慢性頭痛は「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」に分けられます

頭痛には、風邪や二日酔いなどが原因で起こる日常的な頭痛のほかに、「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」の3つのタイプに大きく分けられる慢性頭痛や、くも膜下出血や脳腫瘍などが原因で起こる危険な頭痛があります。

緊張型頭痛とは

慢性頭痛の中で、最もよくみられるタイプです。無理な姿勢や過度なストレスなどにより、首の筋肉が緊張することで起こると考えられています。頭のまわりを締めつけられたような鈍い痛みが、数十分から数日間続き、お子様からご高齢の方まで、幅広い年代で起こります。
緊張側頭痛はさらに、時々症状が現れる「反復性緊張型頭痛」と、毎日のように症状が現れる「慢性緊張型頭痛」に分けられます。

■主な症状
  • 頭のまわりを締めつけられたような、鈍い痛みが生じる
  • 頭全体や、後頭部、首筋などが痛む
  • 毎日、同じような痛みが起こる(慢性緊張型頭痛)
  • 時々、頭痛が起こる(反復性緊張型頭痛)
  • めまいや、肩・首のこりをともなう場合がある

など

片頭痛とは

頭部の血管が急激に拡張することで、片側または両側のこめかみから目にかけて、脈打つようにズキズキと痛みが生じる頭痛です。主な原因として、ストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、アルコールの摂取などが挙げられていますが、はっきりとした原因はわかっていません。片頭痛は「前兆があるタイプ」と「前兆がないタイプ」に分けられ、片頭痛のうち20~30%の方が、前兆のあるタイプだとされています。現れる前兆には、「頭痛が起こる前に、目の前にチカチカしたフラッシュのような光や、ギザギザした光が見える」「頭痛が起こる前に、視界の一部が見えにくくなる」などがあります。そのほか、感覚異常や、失語性言語障害などが前兆として現れるケースもあります。ほとんどの場合、前兆は15~30分程度で消失して、その後、頭痛が起こります。

■主な症状
  • 片側または両側のこめかみから目にかけて、脈打つようにズキズキと痛む
  • 時々、こめかみに脈打つような痛みが生じる
  • 月1~2回程度、または週に1~2回程度の頻度で頭痛が起こる
  • 頭痛により、吐き気をともなう場合がある

など

群発頭痛とは

群発頭痛は、男性に多くみられ、片側の目の奥やまわりに激しい痛みが生じます。痛みのために、じっとしていられなかったり、就寝中に目が覚めたりすることもあります。
群発頭痛は春先や秋口などの季節の変わり目によく起こり、一度発生すると、1~2ヶ月間、集中して毎日、ほとんど同じ時間に痛みが生じるようになります。その後、半年から2~3年程度で治まりますが、時間が経過すると、再び同様の頭痛に悩まされるようになります。
群発頭痛が起こる原因は、はっきり分かっていませんが、目の奥にある血管が拡張するためではないかと考えられていて、飲酒や喫煙などの生活習慣がトリガーとなって起こる場合があります。

■主な症状
  • 片側の目の奥やまわりに、えぐられるような激しい痛みが生じる
  • 1~2ヶ月間、集中して毎日、ほとんど同じ時間に痛みが生じるようになる(明け方に起こることが多い)
  • 半年から2~3年程度で頭痛が治まるが、時間が経過すると再び同様の頭痛に悩まされるようになる
  • 目の充血、涙、鼻水などをともなうことがある

など

検査を受けるメリット

一次性頭痛か二次性頭痛か適切に診断します

頭痛の原因は患者様によって様々ですが、この時、大切なのは、命の危険がある原因が隠れていないかきちんと見極めることです。頭痛の症状を訴えてご来院された患者様に対して、MRI検査などを実施して、その頭痛が一次性頭痛か二次性頭痛かを総合的に確認します。
頭痛薬に頼り過ぎると、根本的な解決にならないだけでなく、薬のせいで頭痛が悪化してしまうケースがあります(薬物乱用頭痛)。頭痛の治療方法は進歩していて、ほとんどの頭痛に対して効果的な治療を行うことが可能です。ご自身の判断で薬を飲み続けるのではなく、まずは一度当院へご相談いただき、検査を受けられることをおすすめします。

治療方法

頭痛のタイプを見極めて適切に治療します

頭痛は「ありふれた症状」ですが、その症状の奥には、命を脅かす重篤な疾患が隠れているケースもあります。なので、まずはMRI検査で、命にかかわる頭痛であることを否定したうえで、患者様の訴えを詳細に確認し、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛などの診断を行い、根本的な改善を目指します。必要に応じて、近赤外線治療器、ウォーターベッド、牽引、マイクロウェーブなどのリハビリ治療も行います。

イミグラン注射を常備しています

重度の片頭痛・群発頭痛でお悩みの方には、「イミグラン注射」を処方することができます。これは、頭痛が起こった時に患者様ご自身で注射する頭痛薬で、錠剤などと比べて、即効性が期待できます。片頭痛の有力な原因と考えられている「三叉神経血管の異常な拡張」を収縮させるとともに、炎症を抑えて、三叉神経に作用して痛みの原因となる物質の発生を防ぎます。
片頭痛でお悩みの方のうち、20~30%の方が、「頭痛が起こる前に、目の前にチカチカしたフラッシュのような光や、ギザギザした光が見える」「頭痛が起こる前に、視界の一部が見えにくくなる」などの前兆があるとされていますので、こうした前兆に心あたりがある方は、お気軽に当院までご相談ください。

「頭痛」「しびれ」「ふらつき」「めまい」「もの忘れ」などの症状で、不安に思うことがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。